Tips,  UPDATES,  ブログ

ワンちゃんの為の環境整備を

ワンちゃんと暮らしていく中で、様々な問題が起こることがあります。
今回はお家の中の環境をワンちゃんの為にどう整えると良いのかケーススタディしてみたいと思います。

 

【ケース1: 外からの刺激で吠える】
ワンちゃんが外から聞こえる音や窓から見える人や物によって吠えることがあります。
たまに、お散歩してる時にお家の中からワンワン吠えられたことのある方も少なくないと思います。
できればワンちゃんが窓から外を見れないように家具などを設置することをお勧めします。
見えないと吠えるという行動は少なくなります。

音の刺激で吠えている場合は視界を遮るよりも難しくなりますが、ワンちゃんの吠える刺激になっている音は何なのか、探りに行くのも一つの方法です。
ワンちゃんとお散歩に出かけ、その音の方に向かい、吠えたり怖がらない距離で、褒め言葉と一緒にオヤツをあげます。遊べる環境なら遊んであげてください。大丈夫なら少しづつ近づいて、また、褒め言葉と一緒にオヤツをあげます。
こうすることでワンちゃんは、「この音は危険じゃないんだ」ということを学習してくれます。
すると、その音に対して吠えなくなります。

音の刺激に関しては、人には聞こえない音に反応して吠える場合や花火など機会の少ないものに吠える場合など、こちらの対策がその刺激によって変わってくるので、吠えてるワンちゃんの動画を撮ったりしてプロのドッグトレーナーに相談するのをお勧めいたします。

 

【ケース2: ワンちゃんが怪我をしないようなお部屋作り】
滑るフローリングの床、キッチンの侵入による誤飲、ソファやベッドへの飛び乗りや降りなど、ワンちゃんにとって危ないことが普通のお家の中に色々あります。

滑るフローリングの床の場合、色々方法はありますが、数枚のヨガマット(高くなくて良い)を敷いておくだけで怪我の防止になります。

キッチンには安い置き型のフェンスやゲートもありますので、是非、利用してみてください。

ソファやベッドへの飛び乗りや降りは初めからしないようにトレーニングするか、またはステップなどを使用して安全に昇り降りができるようにしましょう。
こうすることでワンちゃんが怪我をするリスクやヘルニアになるリスクを抑えることができます。