Tips,  ブログ

無視は大切な犬語です

ワンちゃんとコミュニケーションを取る時、タイミングがとても重要になります。褒たりご褒美をあげる場合は3秒以内、叱る等罰を与える場合は1秒以内に行動を起こさないと、ワンちゃんは何故褒められたのか、何故罰を与えられたのか理解できないそうです。
1秒以内に何かをするのは、とても難しいですよね。予測していない状況なら、更に難易度が上がります。こうした理由で、叱る等の罰を与えるトレーニングはお勧めできないのです。

それと、飼い主さんは叱っているのだけど、ワンちゃんはそう理解していないというケースがよくあります。飼い主さんに「ダメ」と言われると、ちょっと嬉しそうな顔をしたり、「ダメ」と言われたことをもっとやっちゃったり。これは、飼い主さんの間違った接し方から、ワンちゃんが間違った学習をしてしまったことによるものです。

では、どうするとワンちゃんに、「その行動は望ましくない」ということを理解して貰えるのでしょうか。それは、無視をすることです。たまに、「無視するのが可哀想」という飼い主さんがいますが、無視というのは犬社会では、決して悪い意味ではありません。犬のお母さんは仔犬をよく無視します。無視はお母さんから習った初めの犬語の一つなのです。ですから、ワンちゃんが理解できる無視という犬語を使って対応してあげましょう。

より効果を上げる為に、クレート(ハウス)を使うのもお勧めします。この場合、決してクレート(ハウス)を罰を与える為の場所にしてしまわないように気をつけましょう。クレート(ハウス)はワンちゃんにとって、「くつろぐ場所」でなくてはなりません。普段からクレート(ハウス)トレーニングをしておくことが大切です。

クレート(ハウス)にワンちゃんを戻して、「それは好ましくない行動だよ」と教えて、ワンちゃんが落ち着いたら、また、クレート(ハウス)から出してあげましょう。クレート(ハウス)からワンちゃんを出す前に、もし、ワンちゃんが寝てしまったら、そのまま寝かせておいてあげてください。たまに、眠い時に飼い主さんの気を引きたくなって、ちょっと悪いことをするワンちゃんもいます。ワンちゃんをよく観察して、理解して上げるのも飼い主として、とても大切なことです。